OpticBookの“スタンバイモード”がうっとうしい(怒)

Plustekのブックスキャナー OpticBookシリーズ(OpticBookA300Plus、OpticBook4800、OpticBook3900など)の電源を入れっぱなしで使っている場合、スキャナー本体がスタンバイモード状態に入ってしまうことがあります。
※「セーフモード」と言う言い方もありますが、ここでは「スタンバイモード」と言う表記で統一します。

[box class=”yellow_box” title=”スタンバイモード状態とは。。。”]消費電源を抑制する為、一部の機能を落とした状態。すぐにスキャナー作業を行なうことができない。[/box]

例えば、OpticBook4800の場合、通常の動作時はスキャナー本体のLEDが青色(紫色っぽい)に点灯しています。

OpticBook4800_通常動作モード

OpticBook4800_通常動作モード

ここで言う「スタンバイモード」の時は、同LEDがオレンジ色(橙色/濃い黄色?)に点灯します。正確には青色からオレンジ色に変わります。

OpticBook4800_セーフモード状態

OpticBook4800_スタンバイモード状態

このLEDがオレンジ色の時、BookPavilionを操作しようとして、BookPavilionの「Preview」や「Color」などのスキャンボタンを押しても、

エラーメッセージ_スキャンに失敗しました。スキャナの電源アダプターを抜き差しして電源接続を確認してください。

エラーメッセージ_スキャンに失敗しました。スキャナの電源アダプターを抜き差しして電源接続を確認してください。

エラーメッセージ_スキャンに失敗しました。スキャナの電源アダプターを抜き差しして電源接続を確認してください。

と言う、エラーメッセージが出て、スキャン動作が始まりません。

解決方法としては、スキャナー本体のいずれかのボタン(Color、Gray、B/Wなど)を押してもらえれば、通常動作モードに戻るので、なんら難しい話ではありません。

重要なのは、この「スタンバイモードに移行する」状態を、我々使用者がコントロールできないか!? そういうことでは無いでしょうか!?


スキャナユーティリティ で設定する

Ans.

この「スタンバイモード」に以降する部分の設定は、「スキャナユーティリティ」を使用して設定します。

Windows7の場合で検証します

スタート > すべてのプログラム > Plustek OpticBook4800 V.x.x.x

と開けていただき、その中に「スキャナユーティリティ」があります。

「スキャナユーティリティ」の場所

「スキャナユーティリティ」の場所

検索窓で

スキャナユーティリティ

と検索するほうが、OSを選ばず、見つけられるかもしれませんね。

※「スキャナ」とか「スキャナー」とか文字のゆれを心配されるのであれば、上記のカッコ内の文字をコピー&ペーストして検索するほうが吉です。


スキャナユーティリティ画面が開くので、「スタンドバイモード」のタブをクリックする

そうしますと、
●スリープ
●スキャナがアイドル時、次の設定にスタンバイモードに入ります
[ 10 ]分後

と出てきます。

ここです!

これが、スタンバイモードの設定になります。

もし、スタンバイモードに移行させないのなら、

スキャナユーティリティ画面<br>スタンドバイモードを無効にします

スキャナユーティリティ画面
スタンドバイモードを無効にします

「スタンドバイモードを無効にします」のラジオボタンを入れて、「OK」をクリックで完了です。

やっぱり、「電源がONのままだと嫌だ」であれば、「●スリープ」のままにしておいて、Window下記の時間を長めに変更すればよいでしょう。

1時間後なら[60]分後
3時間後なら[180]分後

のように。

意外と便利な設定です。

結構知らない方が多いと思いますので、Tryしてみていただければ幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする