一ページ、一ページ本をめくり、スキャンボタンを押すのが面倒くさい

このページは「非破壊自炊 / 本を裁断しないブックスキャナー」の詳細を説明しております。


■一ページ、一ページ本をめくり、スキャンボタンを押すのが面倒くさい

通常、ブックスキャナーは本をスキャンさせる時、スキャナー本体のスキャンボタンかBookPavilion上のスキャンボタンを押すことでスキャンが開始されます。

ただ、何ページも連続してスキャンする時に、スキャンボタンを毎回押すのが面倒くさい!という声をお聞きします。

そこで製造元にて開発されたのが『eBookScan』なる、自炊ユーザーの助けとなる新しいスキャニングソフトなのです。

しかも、このソフトは無償提供しております!

無料ソフト eBookScan (Windows専用)

サイト上部の「サポート」→「ソフトウェアアプリケーション」から進む事もできます。

ページの下の方に「eBookScan」(約15MB)があります。
もちろん無料です!

正しくダウンロードすると、
「Plustek_eBookScan_SetUp_11.zip」という圧縮ファイルがありますので、こちらをしかるべきソフトで解凍します。


すると「Plustek eBookScanSetup_3.0.0.14.exe」という実行ファイルとして解凍されますので、こちらをダブルクリックしてソフトをインストールします。


「スタート」→「すべてのファイル」→「Plustek eBookScan」 の階層にソフトができていますので、起動させます。


このような起動画面の後、


このような実行画面になります。


この「ドライバー」のような物をクリックすることで設定を行なうことができます。


こちらが設定画面。

項目下から2番目の『連続スキャン』の「毎」を選択し、右隣の「秒」の所に数字を入れると、その数字がウェイトタイム(秒)となります。

「適用」してスキャニングを実行すると、下記のように設定されたタイマーで自動スキャニングモードが始まります!

実際に作業している様子を動画でアップします。
※中国語解説バージョンです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする